津曲温泉

津曲温泉

Language:
 管理者の岩城ウメ子さんと入口前で撮影

管理者の岩城ウメ子さんと入口前で撮影

霧島市隼人町松永にある「津曲温泉」を訪問しました。周囲を田んぼに囲まれています。「こんなところに温泉があるの!?」と初めて訪れる方は驚くかもしれません。

温泉マークがどことなくチャーミングさを出しています。受付は無人で、鍵のついた料金箱があるので、そこにお金を入れて入ります。

脱衣所はシンプルな棚がおかれています。浴室からも見えるので神経質になる必要はそれほどありませんが、貴重品の管理は自己責任で。

浴室にはシンプルな浴槽が1つおかれています。泉質は炭酸水素塩泉で、お湯に浸かっていると、ずっしりとした入浴感を感じます。少し熱めなので、出たり入ったりを繰り返してゆっくり体を慣らすのがいいかもしれません。

この温泉を管理されているウメ子さんです。80歳とは思えない若さです。ウメ子さんご自身もこの温泉が大好きで「ここに入ると他の所には入れない。毎日入ってるから(温泉が休みで)入れない日は気持ち悪い(笑)」とおっしゃっていました。

また、飲んでもおいしいと、ウメ子さんは温泉を汲んできては冷やして飲んでいるそうです。一杯いただきましたが、ほんのり鉄の香りがして、優しい味がしました。

津曲温泉は40年くらい前からあるそうです。管理は周囲のお家で共同で管理をしています。以前はもっとたくさんのお家で管理をされていたそうですが、今ではウメ子さんを含めわずか3軒での管理となっています。ウメ子さんはこの先の管理を心配されていました。お話を聞いている最中にも地元の方がやってきて、皆さんで楽しそうに会話をされていました。この先も長く続けていってほしいですね。

 

温泉:津曲温泉(つまがりおんせん)
住所:鹿児島県霧島市隼人町松永1143
電話番号:なし
所要時間(車):鹿児島市中心部から九州自動車道経由で45分、鹿児島空港から14分
駐車場:なし
営業時間:12:00~21:00(6~8月)、12:00~20:00(9~5月)
定休日:毎月1日・15日
入浴料:200円

霧島神宮温泉 国民宿舎みやま荘

霧島神宮温泉 国民宿舎みやま荘

硫黄島 東温泉

硫黄島 東温泉